読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日考

毎日がエブリリトルシング

後ろから煽られたら?

bipblog.com

頻度としては低いけれど、煽られることがあります。

後ろから見ると、斜行バーが見えたり社外っぽいマフラーだったりそれっぽく見えて、遊びたいと思うのかもしれません。

「近いな、車間が」と思うけれど、そんなときは制限速度もしくは流れにギリ乗れる程度に走ります。


走り屋と呼ばれる人たちは公道にはずいぶん少なくなったけれど、そのかわりタチが悪いのがおっちゃんの大きめサルーンや、車体の下やらなにやら光ってるよくわからない層。それと一応ごくごく少量存在する走り屋もどき。たいていにおいてカスタムのセンスがちょい微妙。

ちなみに真の「走り屋」って、基本的にはとても交通マナーがいいはずです。公道では飛ばさない、譲りあう。交差点はゆっくり曲がる、交通弱者は優先する…

と、話がずれましたがそれはさておき。

私が普通に走っていると、追い越し車線がない場合は挑発に乗らなくてつまらなく思うのか逆に不気味に思うのか、しばらくするとスッと離れていくことが多いです。心に余裕が無い人は飽きもせずベタ付けしたままだけれど、免許をとって20年にもなればメンタリティは強くなります。

勝手にやってろ。


ベタ付けされることへの焦りはないけど、怖くてね。

不慮の事態で私が急停止したとき、後ろの車が寸止めもしくは回避できるテクニックをお持ちなのかと。とにかく、何があっても絶対に自分の車を傷付けられることだけは避けたいのです。車よけのお札貼っておこうかしら(どこにあるの

ただ、あからさまに煽ってくる車はまだ意図があるからわかりやすい。

それより怖いのは、おそらく煽るということは意識していないであろう、無意識に車間が狭くなる女性ドライバーなのです。なにかあったときにブレーキをロックさせる勢いで踏めると思えないのです。

私は前方をネコが横切ったら躊躇なくブレーキを踏み抜きますよ。

ケツに触ったらセクハラで訴えるわよ!