読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日考

毎日がエブリリトルシング

液晶と紙の読書体験

数日前のTABROIDに、興味深い記事が載っていましたよ。

実験の結果は、こちらから見れられます。この結果によると、紙に書いてある情報を見た時のほうが、脳がより活発に動いていたということです。 特に脳内の情報を理解するための場所、「前頭前皮質」の反応が紙の方が強かったという結果に。つまり、ディスプレイに書いてある情報は理解しにくい、ということになります。(デジタル弱し... ディスプレイより紙に書いてある文章の方が理解しやすいという調査結果 | TABROID(タブロイド)

見れられます、はさておき

「こちら」の内容がこれ

なかでも、同じ情報であっても紙媒体(反射光)とディスプレー(透過光)では脳は全く違う反応を示し、特に脳内の情報を理解しようとする箇所(前頭前皮質)の反応は紙媒体の方が強く、ディスプレーよりも紙媒体の方が情報を理解させるのに優れていることや、DMは連続的に同じテーマで送った方が深く理解してもらえることなどが確認されました。(「紙媒体の方がディスプレーより理解できる」 ダイレクトメールに関する脳科学実験で確認|ニュースリリース:2013年|トッパン・フォームズ株式会社

前にメインブログで、Kindleを買って読んでみた時のことをアテクシこんなふうに書いていたんですけれども

iPadRetinaディスプレイは美しいですが、正直「本を読んでいる」という感覚が鈍かったのです(とはいえマンガや雑誌のたぐいはiPadです)。Kindle Paperwhiteは読み終わったとき、紙の本と同じような読了感を持てた気がしました。(初Kindle Paperwhite、初Kindle本から一ヶ月 » mkb

液晶ディスプレイに比べて、電子ペーパーはより紙の書籍を読むのに近い読書体験が得られる、ということなんでしょうねえ。

どっとはらい