読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日考

毎日がエブリリトルシング

『世界の終わり、あるいは始まり(歌野晶午)』読了

※このレビューは多少ネタバレを含みます。

私が当時、「新本格」と呼ばれる推理小説を読み始めるきっかけになった歌野晶午氏、の小説です。推理小説…とはちょっと違うんですけどね。

「これがこうでこうだから、最後はこうなりましたおしまい!」というのが好きな方だとレビューも低いだろうなあという作品。謎が解かれてスッキリ終わらない点では伊坂幸太郎氏のナントカって作品に似てたんだけど、忘れてしまいました。『ゴールデンスランバー』だったっけ?

一言で言うなら妄想の小説。
妄想のひとつひとつがバッドエンディングになっているので、いくつものストーリーを楽しめる(?)と思えばいいか。

他のレビューを見ると、「妄想ばっかで後半飽きちゃった(意訳)」という意見も多く見られたんだけども。個人的には、歌野氏が言いたいのは妄想ひとつひとつがうんぬんではないと思うので我慢して読むべし。ま、取り方なんていくつもあって当たり前なのだけど(笑)

締めをもう少ししっかりして欲しかったかなあという気はするけれど。

そういえば高校の頃だったか、エンディングの謎解きが3つほど用意してある外国の探偵もの映画を観たんだけど、それもなんだったっけな。タイトルがまったく思い出せん。

(★★★☆☆)